もと三十路女子のつぶやき。

思ったコトや気づいたコトをひっそりつぶやいてます。

プロフィール

☆ Noah ☆

Author:☆ Noah ☆
とうとう四十路に突入してしまった(爆)もと三十路女子。メガネっ子。抹茶ラテ好き。仕事はフリーでシステムエンジニアやっとりましたが、契約満了し去年10月よりただ今わたしもぷー太郎(爆)
2人ともぷー太郎なんて機会、めったにないっ。と、ここぞとばかりに(笑)ダンナ共々こよなく愛する台湾を南(高雄)→北(台北)へと3週間かけて旅した後、年末はオーストラリアでダンナの家族とクリスマスを過ごしました。
その時にダンナの本職の市場が以前よりも需要が戻っていると聞き、入れ替わり?で専業主夫をしているダンナが本国での仕事を探し中。
モチロン並行して、日本での生活も可能性があるので、わたしも日本でゆる~く仕事を探し中。
今のトコロ、ナニワで生活しておりますが、拠点がオーストラリアに変わる可能性が…。
現時点では(爆)出没エリアは、梅田・心斎橋・なんば。
以下、ポチッとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
人気ブログランキングへ

 

いらっしゃいませ☆

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

カテゴリ

 

最新記事

 

最新コメント

 

2017. 07. 23

香港&澳門、回想メモ。

どーも☆

お久しぶりです♪

皆さま、如何お過ごしでしょうか?

暑中お見舞い申し上げます。

……。

えっと(汗

かーなりご無沙汰しておりました(^^;

いつの間にやら(汗

今年も折り返し地点を過ぎ、

梅雨も明けて、絶賛夏真っ盛り!

セミの鳴き声を聞きながら

室内の冷房と外のうだるような暑さを

繰り返す日々に軽ーく暑気あたりになってますが

元気にやっております。

ダンナに関しては

この暑ーい夏を満喫しております。

(↑夏大好き)

さてさて、久方ぶりのお題目、

いってみましょか(笑

前回の香港・澳門旅行で一番に思ったのが

①思っていたホド、物価が安くナイ。

ブログにはあげなかったのですが

去年台北に行ってまして、

その時のお金を使った感覚と比べてみると

少し出費が多かった気がします。

すごく高いとは思いませんでしたけど

日本円で考えると、あんまり変わらないなあ…と

結構思ってましたし、

モノによっては日本の方がお安く手に入るのでは?

思うモノあったり(汗

ちなみに、換金時のレートは

1香港ドル → 約14円でした。


②現地の人があんまりフレンドリーではナイ。

コレは究極人による可能性があるので

たまたまだったのかもしれませんが(汗

レストランなどの従業員は

挨拶などもなく

お支払いの時もアイコンタクトもせず

お金だけ勘定されて終わり…みたいなのもあって

旅先ではチョット残念な気持ちになりました。

ま、香港は台湾と違って中国本土に近いので

その色が濃く出てるのかも?


③高層ビルがたくさん。

とにかくスゴイ高さのビルが多かったです。

もともと狭い土地柄に人口が密集しているので

そうなったのだろうと思いますが、

宿泊したホテルも台北で泊まったホテルに比べると

とても狭いです。

日本のビジネスホテルと同じくらいでしょうか。

値段も似たような感じ…下手すると

それ以上かも。


④交通機関がリーズナブル。

コレは台北もそうでしたが、バスや地下鉄MTRの値段は

とても安かったです。

特にトラムはドコで降りても、2.30香港ドル。

日本円にして、30円位です。

毎度コインを使って切符を買うのが面倒だったので

オクトパス(IC)カードを購入し

お金をチャージして使用してました。

日本に帰国する際に換金しましたが、

記念に持っててもヨカッタかなあ…。

次回行くコトがあれば、そうします(笑

使用期限はナイみたいなので

香港リピーターになるのであれば

持っていて損はナイ筈♪


⑤食べ物は美味しい。

屋台みたいなストリートフードから

レストラン、カフェなど

色々トライしましたが、

基本ハズレはなかったと思います。

香港・澳門共通でよく食べたのは

エッグタルト。

エッグタルトはもともとポルトガル領だった澳門が

メインでしたけど、

香港でもよく見かけて、その度に食べてました(笑


⑥お手洗いを探すのがチョット大変。

香港には

たくさんのキレイなショッピングセンターがあるので

お手洗い自体は結構あると思うんですけど

問題はドコにあるか…なのです。

ビクトリアピークに上がった時、

表記されている矢印に沿って

お手洗いを探したんですけど、ナイ。

あれれ?

矢印に沿ったのに…EXITに来ちゃったよ。

と思ったんですが、このEXITに沿って

外に出ると、お手洗いのマークがっ。

日本の場合、お手洗いに行くのに

先にEXITを通るというコトはナイので

ソコで迷っちゃったんですよねえ。

MTRの駅も場所によっては

駅員にお手洗いを使いたいと声をかけて

駅員さんだけが通れる

施錠されたお手洗いを使わせてもらう…。

といふ感じのトコロもあるので

お手洗いは行ける時に行った方がイイと

思いました(^^;


⑦お手洗いの使い方。

お手洗い続き…といふコトで(笑

日本の下水事情と違って、

紙は流してはダメで、そばにあるポリバケツの

ゴミ箱に捨てなくてはなりません。

コレは、友人に会いに北京に行った時も

台北に行った時もそうだったので

中華圏では当たり前なのだと思います。

あ、でも。

宿泊しているホテルは

紙を流しても大丈夫でした。

公共施設を使用する際は気をつけた方が

よさそうです。


⑧ティッシュとウェットティッシュ。

レストランに入っても

おしぼりをくれたり、汚れをふくティッシュをくれたり

という日本の慣習はないので

食事をする度に、この二つはとても活躍してくれました。

(モダンな大きなフードコートとかならあるのかも…ですが)

わたしは、手ピカジェルも大好きで(爆

常に持ち歩いて使用してました。

お手洗いも紙切れだったり、常備してなかったりするので

ティッシュもとても重宝しました。


⑨SIMカードを入れ替えて、スマホを使用。

わたしの使用端末はSIMフリーなので

現地のSIMカードを購入し、入れ替えて使っていました。

今、自分がドコにいるか調べたり、

お店の情報を探したり、日本にいる親に連絡したりと

ネットが常に繋がる環境はとても快適でした。

コレで、ちゃっかりポケモンGO! もやってました(^^;

いくらだったかは忘れちゃいましたが、

そんなに高くはなかったと思います。


⑩トータルで見て比較的敷居が低く、行きやすい外国。

関空から香港まで約4時間で、フライトも

オーストラリアに帰るコトを考えれば、

かなり短く、航空会社も複数の便を持っていて

当然ツアーもたくさんあり、

海外初心者でもチャレンジしやすいかな~と。

ただ。

香港と台北を総合的に比べると、

台北の方が更に優しいとは思いますけど

香港も悪くナイと思いました(^^;


……。

ざっとこんな感じでしょうかね。

香港・澳門では

ええ~?と思うようなコトもありましたけど、

それでも、わたしにとって

間違いなくマタ行ってみたいと

思わせてくれる国でした(^^)

次は…ドコに行きましょうかね(笑


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

 | ホーム | 

☆Cookie電卓☆

Android対応の電卓を作ってみました♪
試して頂けると嬉しいです☆
スマホサイズなので、タブレットサイズだと画面は少し小さいかも…。
 

☆注意書き☆

最近記事とは全然関係のナイ書き込みを頂くコトがあるのですが、わたしの記事と関連のナイ内容にはお答えするコトはできません。
又、誹謗中傷など誰かを傷つける可能性があると管理者であるわたしが判断した場合は削除いたします。
申し訳ありませんが、ご理解頂きますようよろしくお願いいたします。
 

2018年をどう生きる?

去年はダンナが日本に戻って、2年以上が経過しました。
このままずっと日本で…と思いきや、そろそろ専業主夫では物足りなくなってきた?ダンナは、 オーストラリアで、仕事に復帰するかもしれない可能性がっ。
現時点ではマダ何とも言えませんが、ダンナがオーストラリアでの仕事に復帰するコトが決まった時点で 拠点はナニワ → オーストラリアへ移行する予定。
ダンナと違って、わたしは長期滞在でしかオーストラリアで生活したコトがナイので、 チョットおっかなビックリかも…。でも、やってみて判るコトもありますしね~。
人生、ホントいくつになっても挑戦ですっ。
そうでなければ、引き続きナニワで、わたしは今まで通りのIT系の仕事を、ダンナは英語関連の仕事をしつつ、生活していく…のかなと。
日本とオーストラリア、二つの国に挟まれて、イイトコ取りを目指しますっ。
あ、あと。わたしたち2人がこよなく愛する台湾も込みで(笑) ま、こんな感じで今年もイロイロありますが(爆)、引き続きお付き合い頂けると嬉しいです☆
 

リンク

 

検索フォーム