FC2ブログ

もと三十路女子のつぶやき。

思ったコトや気づいたコトをひっそりつぶやいてます。

プロフィール

☆ Noah ☆

Author:☆ Noah ☆
四十路も半ばに入ってしまった(爆)もと三十路女子。メガネっ子。抹茶ラテ好き。
仕事はフリーのIT従事者でしたが、去年より専業主夫をしていたダンナが入れ替わりで大黒柱となり、拠点がナニワ→オーストラリアへと移動になりました。
海外生活ゼロのわたしが未知の国で何ができるのだろう?と、今後の人生をどうやって生きていくかを模索中。
このままオーストラリアに永住するのか、やはり日本に戻ってくるのか、はたまた第三国へ移動するのか…。
相変わらずの優柔不断な日豪夫婦です…(爆)
出没エリアは…、ナニワなら梅田・心斎橋・なんば。
オーストラリアならブリスベンですかね。以下、ポチッとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
人気ブログランキングへ

 

いらっしゃいませ☆

 

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

カテゴリ

 

つぶやいてますw

 

2020. 03. 26

オーストラリアに戻れました…が

どーも☆

チョットご無沙汰しておりました。

Noah@オーストラリアです。

ちょうど 2週間前である3月11日に

成田発ブリスベン行きに無事に搭乗するコトができ、

ブリスベン到着時も入力制限国であった

中国・イラン・韓国での滞在有無を聞かれただけで

それ以外については特に問われるコトもなく

すんなり入国するコトができ、ダンナ共々ほっとしたのですが

その数日後から


・全ての入国者に14日間の自主隔離を要請

・オーストラリア国民出国禁止

・カンタス航空国際線運休(今月末~5月末予定)

・オーストラリア国民or永住者以外入国禁止

・レストランやカフェなど営業停止(但しテイクアウトはOK)

・パーティや結婚式は5人以上、お葬式は10人以上になる集会禁止

・オーストラリア各州での移動禁止


一気に取り締まりが始まり、

食料の調達など以外での外出も控えるよう政府からアナウンスがあり

様相はかなり深刻な状況となってきました。

当初の予定では明日から

お義母さんと義弟家族はお義母さんのご両親のお墓がある

セーシェルへ行く予定で、

その翌週にわたしとダンナも後追いする予定だったのですが

上記の状況により、

キャンセルせざるを得ない展開となってしまいました…

当然ながら、5月に予定していた

お義姉さんに会いに行くための

お義母さんのフロリダ行きもキャンセル…

わたしとダンナは

7月にフロリダへお義母さんを迎えに行く予定だったんですけど

コレもお義母さんが行かないんじゃあねえ…と暗礁に乗り上げてます

そして ココで、わたしに大問題発生!!

今のトコロ わたしは ETAS という観光ビザで、

オーストラリアを入出国しているのですが

コレ最大滞在可能期間は3か月。

この期間を超えてしまうと、不法滞在者となってしまうので

超えないように大阪に帰ったり、

オーストラリア国外へ旅行に行ったりして

運用していたのですが、

↑こんな状況になってしまった今、

私が大阪に帰れば、オーストラリアに入国できず、

ダンナはオーストラリアを出国できず、

(つまり日本へ帰れない…)

いつ再び一緒にいられるか全く読めない…。

(そもそも飛行機が飛んでないので物理的に日本に戻れない…)

一応、オーストラリア国内から ETAS を延長する方法はあるのですが

延長できる期間は同じく3か月で、

それまでに この騒ぎが収束すればイイのですが

コレばっかりは…判りませんしね(汗

このままいくと、打つ手がなくなって新型肺炎によって

オーストラリアのパートナービザ(永住)を

申請せざる得ないコトになりそうです…

(理由が新型肺炎のため…ってどうなんでしょうね…)

新型肺炎…早く収まってほしいですね、ホント。


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2020. 02. 26

四十九日法要を終えました

Noah です。

世間は新型肺炎の話題で持ち切りですね…。

少しずつでも終息に向かっていれば

イイんですけど、

どんどん感染者が発見されるニュースにチョット心配です…

我が家もダンナが

ブリスベン→台北→大阪の飛行機移動をしたので

他人事にあらず…汗

大阪に来る理由が父の四十九日法要でなかったら、

おそらく取り止めてたと思います。

幸いにして先々週金曜にダンナは関空に到着し、

その2日後に父の四十九日法要に参列する事ができました。

16日は朝から雨が降っており、墓前での法要だったので、

どうなるかなあ…と思ってましたが、

いざお坊さんに来て頂くタイミングになると、

雨も風もピタリと止まり、

父のなせるワザ?とチョット思ったりも。

法要の後は親族でお昼ご飯を頂き、

無事に終える事ができました。

次の大きな行事は1周忌になるのですが、

父が亡くなる3ヶ月前に祖母が亡くなっているので、

合わせて一緒に1周忌をする話が出ていて、

オーストラリアでの状況によっては

わたしは参列しないかもしれません。

去年の12月より、

父の最期を看取る→お通夜・お葬式・初七日→

父が亡くなった事による作業(現時点で進捗率50%位)で

大阪に滞在して早3ヶ月弱…本当にあっという間でした。

少しずつではありますが、

こなさなければならない作業は

一つずつ減ってきているし、

ずっと大阪にいるという訳にもいかなかったので、

とうとう私がブリスベンへ戻る便を取りました。

ダンナは23日の日曜日に台北経由で

ブリスベンへの帰路に着いたトコロです。

ダンナはオーストラリアの自国民なので

新型肺炎で入国拒否とかはナイだろう…と

思って送り出しました(一時隔離はあるかも…とは思いましたが)。

一方、

わたしは感染者がゆっくりとはいえ

発生している国の人間なので、

もしかしたら入国させてもらえないかも…と

今からチョット心配です…汗

丁度あと2週間…無事に出国できますように…


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ

2020. 02. 04

ひと月が経ちました

Noah です。

父が亡くなって、ちょうど ひと月が経ちました。

つまり、

今年も 12分の1 が終わったというコトに…。

こうやって、どんどん時は過ぎるのですね…

まだまだ父を失った喪失感は大きく

気持ちの浮き沈みが激しいコトがあります。

友人たちも言ってましたけど

時間というお薬がまだまだ必要なのだから

焦らず、できるコトをやっていけばいいよ。

と自分自身に言い聞かせる日々です。

さてさて。

ブリスベンに戻る前にある程度終らせておきたい

わたしが大阪に留まっている理由の一つである

父が亡くなったコトによって発生している作業は以下

①父の高額医療の請求申請
②父の埋葬費の申請
③母の健康保険を切替
④父の生命保険を申請
⑤実家のローンを止める
⑥投資物件の残支払の手続き
⑦実家の所有者変更 父→母
⑧お墓へ納骨する作業
⑨凍結した銀行口座の相続準備
⑩遺産分割協議書の作成準備
⑪遺族年金受取手続き
⑫公共機関の支払人変更 父→母
⑬母の携帯電話の再契約&父は解約
⑭父が経営してた会社の今後

ざっと書き出しても こんなにもあり、

一つ一つの作業は病院からの証明書などもあって

すぐ手に入れられる訳ではないので

2月になった今でもまだまだ終わっていません…

とりあえず手を離れたのは

けんぽ協会で手続きした①②と

実家のローンを止める⑤

他の作業はまだ必要書類が揃わず、

待ち状態。

この待ち状態…全てではないのですが、

わたしの事情も絡んでいるのです…。

遺産分割協議書の作成にも銀行口座の相続にも

印鑑証明書なる書類が

母・弟・わたしと各自提出する必要があるのですが

この印鑑証明書…住民票がないと作れないのです…。

帰国した12月時点で、入国14日以内に

転入届を出して住民票を入れておけばよかったんですが

まさか父が亡くなってから

必要になってくるとは思っておらず、

入国してから14日以上経ってしまった今、

どうしたモノか…と悩んでいたんですよね。

一時帰国を押し通して

海外在住者は在住国の総領事館で在留証明書、

サイン証明書は公証役場で作れる…というのは

判ったんですが

コレらは300円で発行できる印鑑証明書に比べて

かなり高額で(合わせて6000円位…)

枚数を重ねる展開になると

正直キツイ…

なので。

ダメもとで実家の管轄区役所へ

一時帰国のつもりで帰ってきたのですが

父が急逝してしまい、

住民票を入れる必要があるのですが、

可能でしょうか…と聞いたトコロ。

申立書に理由を書いて頂ければ大丈夫ですよ。

と言って頂き、チョット安心したトコロです。

この話を聞きに行った時に、

そのまま手続きすればヨカッタんですが、

入国した時のスタンプをついたパスポートを

持っておらず、一旦帰りました。

そして昨日、区役所へ出直し

何とか住民票を入れて、

印鑑証明書を取得するコトができました。

コレでいくらか作業が進むとイイなあ…

焦らず、ボチボチ行きます。


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ

2020. 01. 15

少し落ち着きだしました

Noah です。

大阪に帰国して、ひと月が経ちました。

父のお葬式が終わって

早1週間以上が経過したコトになります。

父が危篤状態に陥った時にその話を

当時仕事先にいたダンナに話したトコロ、

ダンナは居ても立っても居られなくなり、

3日の晩出発のブリスベン→大阪へ戻る便を探し出し、

父のお通夜・お葬式に参列するコトができました。

長柄にある北斎場が元旦お休みだったため

火葬場が立て込んでいて、日がずれ込んだ結果なので

ダンナが最後に父に会えたのは本当に運がヨカッタ と思います。

飛行機代は結構な金額だったようですが、

払えない金額ではないと判断し、

仕事仲間に事情を説明して飛んできてくれた次第です。

お通夜・お葬式に参列した後、

今後についても話し合った結果、

父の四十九日までは わたしは大阪に残り、

ダンナは一旦仕事に戻って、

父の四十九日に大阪に帰って参列する形となりました。

西洋社会では何においても家族が一番

という考え方が強くあり、

職場でもそれを理解するのは当たり前のようです。

こういう部分は日本も見習うべきだなあ…と

今回体感しました。

やっぱり気持ち的な支えがあるのと

ないのとでは雲泥の差でした。

ダンナはもともと優しい人ですが、

今回はその深さを更に見せてもらった気がします。

わたしも彼に見合える人であるよう、頑張らねば…

因果なモノで

父が亡くなったコトにより、母の毎日あった病院通いも終わり

少し ほっとしました。

母とて若くはないので、無理はしてほしくはなかったのですが、

母は父が待っていると思うと行かない訳には…と思っていたようです。

代わりに わたしが…と思ったコトもあったのですが、

やはり娘と奥さんは別らしく、父の様子を見ている限り

わたしでは代理は無理だなあ…と思って、

母に一任していました。

父は昔気質の人だったので、

子供に甘えるという行為は自分のプライドが許さなかったんでしょうね。

わたしを含め、家族全員ずいぶんと気持ちは落ち着いており

というか、父がおいていった会社をどうするのか

など色々と ほったらかしにして亡くなってしまったので

その残処理に追われるコトになりそうです。

入院していた病院への支払やら、それに伴う生命保険の申請やら

不動産の登記名義変更、銀行などの名義変更や

さっき少し書いた会社の決算での資金管理など

結構あるので、しばらくはそれに伴う作業に奔走しそう…。

人が亡くなって残された者がする作業って

結構大変なんですね…汗


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ

2020. 01. 03

父が亡くなりました

Noah です。

本日朝5時2分に父が永眠しました。

大晦日の夜遅く病院から父が下腹部に激痛を感じており、

いつもと違うと連絡があったと母から電話があり、

慌て弟にも連絡した後、病院へ。

最寄り駅で母と合流した後

ロビーで呼び出しを受けた模様の主治医の先生と遭遇し、

エントランスを開けてもらって院内に入りました。

しばらく待った後、弟家族も到着し、

父の病室で家族全員が揃い、

主治医の先生に父を診てもらった後

カンファレンスルームへ。

抗がん剤治療を止めてしまっているので、

当然がんは身体の色んな箇所に侵攻しており、

山場はもうそう遠くない。覚悟するように…と

お話を頂きました。

痛みを抑えるために

モルヒネ入りの点滴をうってからは

痛がる様子が緩和されていき、

父の意識は朦朧とし始めましたが、

眉間のシワがなくなって、

表情が穏やかになっていく様子に

家族全員胸を撫で下ろしました。

やはり痛がったり、

苦しんだりする父の姿を横で見続けるのは

とても辛かったです。

大晦日の晩から

徐々にモルヒネの量を増やしていき、

年が明けた本日3日の午前4時45分頃、

父の呼吸が止まり、

宿直医に確認して頂いたのが午前5時2分で、

父の闘病生活は終わりました。

悲しい事は悲しいですが、

ずっと しんどい。痛い…と

苦しんでいる父を見ていたので、

お薬によって穏やかな顔で終わる事ができ、

家族全員で看取れましたし、悔いはありません。

ただ。

もう少し長く生きていてほしかったな…と。

本日お通夜…と思っていたのですが、

火葬場が元旦お休みで

前々日からの予約で既に詰まっており、

お通夜は明日、

お葬式は明後日という形になりました。

まずは

大晦日から今朝まで病院で寝泊まりして

仮眠生活をしていたので、

明日に備えてゆっくり身体を休めようかと…

それでは おやすみなさい…


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ

 | ホーム |  »

☆Cookie電卓☆

Android対応の電卓を作ってみました♪
試して頂けると嬉しいです☆
スマホサイズなので、タブレットサイズだと画面は少し小さいかも…。
 

☆注意書き☆

最近記事とは全然関係のナイ書き込みを頂くコトがあるのですが、わたしの記事と関連のナイ内容にはお答えするコトはできません。
又、誹謗中傷など誰かを傷つける可能性があると管理者であるわたしが判断した場合は削除いたします。
申し訳ありませんが、ご理解頂きますようよろしくお願いいたします。
 

2020年をどう生きる?

去年8月から今年のお正月にかけての半年間で、お義父さん・祖母・父と3人の家族を亡くすという波乱の幕開けとなりました。
豪州人のダンナにとっても、わたしにとっても否が応でも死について考えざるを得ない状況となり、おそらく今年はオーストラリアに永住するかしないかの決断を下すコトになりそうです。
あとできれば、今年 母を一度ブリスベンに連れて行きたいですね。父が生きていれば一緒に連れて行きたかったですが、叶わぬ夢となりました。
平行して水面下でダンナの家族側でお義母さんの生まれ故郷であるタンザニアへ行く話が出ており、初アフリカ大陸上陸する可能性が…!!
いつもながらダンナの家族のインターナショナルぶりに度肝を抜かれつつ、今年も過ぎるのかな…(汗)
あ、アプリ開発も頑張りますっ。コレで 1円でもお金を稼ぐぞ~!!
ま、こんな感じで今年もイロイロありますが(爆)、引き続きお付き合い頂けると嬉しいです☆
 

検索フォーム

 

最新記事

 

最新コメント

 

参加中です♪