FC2ブログ

もと三十路女子のつぶやき。

思ったコトや気づいたコトをひっそりつぶやいてます。

プロフィール

☆ Noah ☆

Author:☆ Noah ☆
四十路も半ばに入ってしまった(爆)もと三十路女子。メガネっ子。抹茶ラテ好き。
仕事はフリーのIT従事者でしたが、去年より専業主夫をしていたダンナが入れ替わりで大黒柱となり、拠点がナニワ→オーストラリアへと移動になりました。
海外生活ゼロのわたしが未知の国で何ができるのだろう?と、今後の人生をどうやって生きていくかを模索中。
このままオーストラリアに永住するのか、やはり日本に戻ってくるのか、はたまた第三国へ移動するのか…。
相変わらずの優柔不断な日豪夫婦です…(爆)
出没エリアは…、ナニワなら梅田・心斎橋・なんば。
オーストラリアならブリスベンですかね。以下、ポチッとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
人気ブログランキングへ

 

いらっしゃいませ☆

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

カテゴリ

 

つぶやいてますw

 

2019. 07. 04

黄と緑と青色と。

どーも☆

Noah@オーストラリアです

7月に入りましたね。

とうとう今月末、帰ります!! 大阪にっ。

今回は半年近く日本を離れていた事になる訳ですが。

こんなに長く日本にいなかったのは、人生で初めて!!

でも、結構何とかなる…モノですね。

この約半年の間、和食を口にするコトはほとんどなく

すごく日本が恋しいと思うコトもなく、

(両親の様子は週1で電話で確認してますが)

特に大きな感情の起伏もなく

サックリとやり過ごし…ました。

ダンナが仕事で、2週間家を空けている間は

アプリ開発か自分のサイト構築作業で

いっぱいいっぱいだし、

食事も近所のスーパーで買った食材で

手軽に作れるモノで済ませるという感じ。

1番の驚きは 和食なしの生活でも全然キツくない。

ココ、オーストラリアで、

大阪で頂けるレベルの和食レストランはありません。

(↑ま、当たり前…外国なんだから)

それにお金を払ってご飯を食べるより、

むしろ日本で食べるコトが難しそうな

美味しいベトナム料理やパブでのフィシュ&チップス、

ギネスパイとかにお金払った方がイイよね~となり

和食レストランから遠のいていきました。

家で作るコトも考えましたけど、

もともとあまり料理に興味のないわたしは

味付けゆで卵とか素うどんとか

手軽なモノをたま~に作る位で

和食バンザイ!!の気分も味わえたのも ヨカッタのかも?

食べ物に関しては日本にいなくても生きていけそう…と

今回の経験により思えました(笑

さてさて。

今回のお題ですが、

オーストラリア本土より更に南にある

タスマニア島へ行ってきました。

タスマニアの景色は、黄・緑・青色が鮮やかで

とてもキレイ☆

オーストラリア人であるダンナも初めてのタスマニア。

島自体がひとつの州なのですが、人口はとても少なく

州都ホバートはトップ10 にすら入りません。

→詳しくは コチラ。

ブリスベンは QLDの州都でトップ3です。

1位と2位を常にシドニーとメルボルンが取り合ってる感じ…。

統計を取る年によっては順位が入れ替わるそうです。

さて、話をタスマニアに戻します。

大きさでいうと、日本の北海道みたいな感じでしょうか。

車でドライブすると、↓のどかな景色が堪能できます。
IMG_20190624_153756.jpg IMG_20190624_153844.jpg IMG_20190624_161120.jpg
IMG_20190625_111302.jpg IMG_20190626_124610.jpg
ただ。

前回のノーザンテリトリー準州と違い、

道路はカーブがとても多く、チョット車酔いしそうでした(汗

ノーザンテリトリーは道が真っすぐで場所によっては

130km 出してもいいよという標識もあり、

スピード出したい人には持って来いの場所だと思います。

たま~に放牧されている牛が道路に出てきたり、

野生動物が飛び出してきたりする事もあるので、注意が必要ですけどね…。

一方、タスマニアは農耕を営んでいる人も多く

牛・羊・馬がのんびりと草を食べている姿を

あちらこちらで見かけました。

野生動物もたくさんで、

道路上には飛び出して轢かれてしまった

ワラビー(小さなカンガルー)をたくさん見るコトになり

車を運転している人の安全を考えると仕方ないのですが、

胸が痛みました…。

タスマニアはオーストラリアの中で1番寒い南の島。

北海道は日本の中で1番寒い北の島。

土地の大きさだけでなく、農耕や酪農、漁業を生業にしている人も多く

たくさんの共通点があるのかも。

タスマニアに行った後、北海道に行きたくなりました。

ま、わたしの場合、まずは大阪に帰って、

わなかのたこ焼きとアサヒビールですけどね(笑


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2019. 06. 07

の、登りましたっ。

どーも☆

Noah@オーストラリアです。

6月になりましたね。

日本はそろそろ梅雨シーズンでしょうか。

コチラ南半球オーストラリアは冬真っ只中です。

さ、寒い…。

とは言っても大阪に比べれば可愛らしいモノで

お昼間は軽く20℃を超えるし、

大阪の冬に比べればしれているのですが、

我が家にある暖房器具がイマイチで

わたしにとって、1番使えるモノは…湯たんぽ。

来月末は真夏の大阪に帰るので、

それまでの辛抱…と自分に言い聞かせてます(汗

真夏の大阪…コレはコレでコワイですけど…(^^;

早いモノで今月末で今年も半分!!

時間が過ぎるのが早い早い(大汗

ホントに。

時間に限りがあるコトを意識して生きていかねば…。

さてさて。

今回のお題で察しがついているかと思いますが

登りましたよっ。エアーズロック!!

もともと。

山の麓までは行こう!!

と ダンナと話してはいたのですが、

登る…というかわたしは登れるって知らなかった…汗

今年10月26日以降、

エアーズロックは登れなくなるらしく

エアーズロック空港に着いてから、ダンナが

登れそうなら登る?

と言い出し、

事情をあまり把握していなかった わたしは

登ってもいいなら…

と答えつつ、ノーザンテリトリーの景色に見入っておりました。

というのも。

ブリスベンとは全然違うっ。

↓飛行機からの景色。
IMG_20190525_134756.jpg IMG_20190525_135315.jpg
土が…赤いっ。

あまりに違うので、ホント感動しました。

広大な土地を持つオーストラリア…。

わたしが知っているのは、ほんの少しなんだなあ。

今回のエアーズロック行きは

ノーザンテリトリー準州の他の見どころも見よう!!

という発想のもと、

キングスキャニオンとアリススプリングスにも

それぞれ1泊ずつ宿泊しました。

キングスキャニオンはエアーズロックほどではありませんが
IMG_20190525_180145.jpg IMG_20190526_084242.jpg IMG_20190526_091520.jpg
有名な岩山で、アリススプリングスは

州都ダーウィンの次に大きな街だという事で足を運んだのですが。
IMG_20190526_170844.jpg IMG_20190527_104954.jpg IMG_20190527_125121.jpg
ドチラも足を運ぶコトができてヨカッタです。

キングスキャニオンではチョットしたウォーキングトレイルを歩き、

アリススプリングスでは、

初めて本物の先住民アボリジニの人たちを見ました。

ダンナからは何となく話には聞いてましたけど

やっぱり移民で

オーストラリアに来てる人たちとは全然違いました。

基本 彼らは働かず、街中をぶらぶら歩いていました。

オーストラリア政府から支援してもらって生きているそう。

生活費以外にも色々な優待があるそうですが、

オーストラリアの歴史において、根が深そうです…。

わたしは過去に

シドニーやメルボルン、車で行けるゴールドコーストと

海辺寄りのオーストラリア国内旅行が多かったので、

赤い地面や岩山をたくさん目にして、とても新鮮でしたね。

あと1番驚いたのが、

エアーズロック近辺のユラーラ辺りは日本人いっぱい!!

ブリスベンにいる時よりも

日本語を耳にしました(笑

やっぱり10月以降に登山できなくなるので、

それを耳にした人たちが来てるんでしょうね。

今回のオーストラリア国内旅行は

結構な金額いきました…。

ざっと整理してみると。

飛行機代 → $650(2人分)

宿泊代 → $180 + $100 + $185 × 2日分 => $650

食事代 → $60 × 4日分 => $240

レンタカー・ガソリン代 → $100 × 4日間 => $400

お土産など → $50

$650 + $650 + $240 + $400 + $50 => $1,990

うわ…約2,000ドル…日本円にして、

約15万円…(汗

ダンナと私 2人分です。

なので、お一人さま約7.5万円ですね…。

ちなみに

エアーズロック近辺、キングスキャニオンでの宿泊は

トイレ・シャワー共用で、

決して豪華なお宿ではないのですが、

お値段が台湾の五つ星ホテルばり…。

大阪→台湾 よりも間違いなくお高く付きましたけど

すごくヨカッタです(^^

わたしもダンナもいつも旅行で1番重きをおいているのが

リーズナブルな価格&食べ物!!

ま、だから、台湾にいつも行っちゃうんですけど(笑

今回はハイキング、山登り、外でバーベキューと

完全にアウトドア!!

いつもと違って、

新鮮だったというのもありますけどね…。

で。

今回のハイライトであるエアーズロック!!
IMG_20190528_073150.jpg IMG_20190528_100121.jpg
空港に着陸した時にもその姿を目にするコトができて、感動~。

一生に一度は目にしたい景色であるコトには間違いナイですっ。

登山しなくても、

近くまで行って見るだけでも価値あると思います。

将来もし再び行くコトになれば、

登れなくても見に行くと思います。

で、登ってみた感想は…。

最初が1番キツイ!!
IMG_20190528_101628.jpg
体力的にも精神的にも!!

急斜面に目が慣れていないので、

どの位急斜面でも立つのが難しくないのか判らず

正直コワイ…。

上記より、腰を低くして登るコトになり、

足腰にかかる負荷が大きい。

第一関門は

手すりがあるトコロまで自力で登るトコロで
IMG_20190528_104054.jpg IMG_20190528_110009.jpg
そっからはチェーンの手すりがあるトコロまでが

第二関門でそこまで行くと、結構歩きやすくなります。
IMG_20190528_112014.jpg
ここまでくれば、石碑のある最終地まで行くのは

ずいぶん楽になります。
IMG_20190528_114941.jpg
あとは…エアーズロックの上を歩くのに慣れてきて

この斜面なら大丈夫かな~と

ある程度歩けるかどうかの予測ができるようになって

楽しかったです。

エアーズロックは登山といふよりは、

急斜面の部分はロッククライミングに近い気がしました。

1番キツイ最初の急斜面の部分で

立ち往生している人も何人か見ましたし、

途中で体調を崩した人もいましたので、

無理は禁物だと思いましたし、

ウチの両親が登りたいと言ったら間違いなく止めますね…。

そういう意味ではマダ比較的体力がある四十路で

エアーズロックを登れたのはラッキーだったと思います。

そして。

次はオーストラリア大陸の南にある小さな島、

タスマニアへ…行く予定(汗

南寄りなので、さ、寒そう…。


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ

2019. 03. 14

台湾旅行…回想録②

どーも☆

Noah@オーストラリアです。

昨日ダンナが仕事で出かけて行きました。

本当は。

ダンナが仕事から戻ってくる前に

ブログ更新したかったんですが、

面白そうな開発環境の存在を知ってしまい、

すっかりソチラに時間を費やしてしまいました(汗

開発環境の名前は、『App Inventor 2』と言い、

プログラミングの経験のない人でも、比較的とっつきやすく

アプリを作る事ができるというモノ。

もちろん、『Android Studio』に比べれば

できない事が多く、制限はたくさんですが、

Google Account と wifi環境 と PC だけで

アプリが作れるというのは魅力的だと思いますし、

取っ掛かりとしては敷居は低い方なのでアリなのでは…と。

詳しいコトは↓コチラの総合サイトへどうぞ☆

http://appinventor.mit.edu/explore/

あ。

一つ悲しいお知らせが…涙

この『App Inventor 2』の最新情報 & 開発環境は

すべて英語なので、

英語アレルギーの人はチョットつらいかも…涙

日本語の情報も多少は検索でヒットしますが、

かなり古いです…。

コレから推察するに、

日本ではあんまり流行ってないんでしょうね…。

わたしはこの『App Inventor 2』で、

色々なアプリを作ってみたいな~と思ったんですが、

ココは敢えて我慢…。

わたしの場合、

『Android Studio』の開発環境にかなりの金額を投資して

新しい端末を購入しているので、

『Android Studio』で、アプリ開発していきます~。

さてさて。

すっかり時間が経ってしまいましたが、引き続き

台湾(高雄/台北)の美味しいモノですっ。

前回、臭豆腐・牛肉麺とご紹介しましたが、

次はデザート & フルーツ & カフェ!!


①高雄婆婆冰
IMG_20190105_173241.jpg IMG_20190105_173246.jpg
IMG_20190105_173251.jpg IMG_20190106_181319.jpg
前回もココでミルクかき氷を頂いたのですが、

今回は紫色のフルーツが気になり初挑戦♪

パッと見、ブラックベリーかな?と思ったんですけど、

違ってて、マルベリーというそう。

もちろん美味しかったですよ~。


②Chiyang Coffee
IMG_20190107_101101.jpg IMG_20190107_101056.jpg

③炉鍋珈琲
IMG_20190109_124449.jpg IMG_20190109_124039.jpg
台湾というとお茶のイメージが強いと思いますが

美味しい珈琲もお取扱いが多くて、

ちゃっかり頂いておりました(笑

②も③もドチラのカフェの珈琲も美味しかったです~。


④幸福堂
IMG_20190106_213956.jpg IMG_20190106_213941.jpg
台湾といえば、やっぱりお茶ですよね~。

黒糖を焦がしたパウダーがかかったタピオカミルクティー。

コレもすごく美味しかったですっ。

大阪でタピオカミルクティを飲もうと思ったら

長蛇の列で並ぶ気が失せて諦めた後だったので

余計に美味しかったのかも知れません…汗

大阪は空前のタピオカミルクティブーム

と言っても過言じゃないかも。


⑤パパイヤジュース(六合夜市)
IMG_20190105_220744.jpg
後から知ったのですが、六合夜市で有名らしい…です。

美味しかったんですけど、

お腹がタプタプにならないよう

チョットずつ飲んでました(笑


⑥寧夏路夜市…八宝冰
IMG_20190107_212734.jpg
コレはダンナのお気に入りです。

高雄婆婆冰でもちゃっかり頼んでいました(笑


⑦古早味豆花
IMG_20190108_231645.jpg
豆花というお豆腐のデザートです。

ふんわり優しいお味なので、

物足りなさを感じる人もいるかも。

ピーナッツとタピオカを追加してもらいました♪

⑧各夜市で買った…果物(サワーソップ)
IMG_20190105_220820.jpg IMG_20190107_224028.jpg
このサワーソップ、白い部分が果肉なのですが、

とっても甘くて美味しかったです。

日本では一度も見たコトがナイので、

夜市でなくても、スーパーでも見る機会があれば

ぜひ食べてほしい果物のひとつです♪

ま、基本ほぼ全て日本では味わえない食べ物なので、

気になったモノは迷わず挑戦して損はナイですっ。

あとは小腹がすいた時に頂いた小吃~。


①胡椒餅
IMG_20190105_220806.jpg IMG_20190108_215442.jpg
IMG_20190109_193720.jpg IMG_20190108_215004.jpg
高雄と台北の両方で頂きました。

ダンナの強いおススメは

饒河街観光夜市の玄関口にあるお店です。


②小籠包&酸辣湯
IMG_20190106_171156.jpg IMG_20190106_172733.jpg IMG_20190106_172142.jpg
小籠包と言えば、鼎泰豐!!

と思う人も多いかもしれませんが、

もっと気軽に食べれるトコロを高雄で発見しました。

ひと籠、60元(約210円)ってスゴくナイですか。

優しい感じのおじいちゃんが

一人で黙々とお店を切り盛りしてます。

地元では結構有名なようです。


③焼き飯
IMG_20190106_153717.jpg
高雄で食べたかったモノの一つだったんですけど、

不運にもお目当てのお店は定休日で食べれず…。

仕方なく偶然目についたお店で頂くコトに。

お味は…ま、普通でした(笑


④港式鴨莊
IMG_20190106_174504.jpg
鴨肉定食!!

一皿80元(約280円)です

前回はダンナと2人で一つのお皿を分け合ったんですが、

今回は欲張って、1人ずつ!!

でも、欲深いってダメですね…。

この時、差し歯の先っぽが

鴨の骨に当たって欠けてしまいました…涙

次の帰国の時に治療するしかないです…(タメ息


⑤八方雲集
IMG_20190107_163757.jpg IMG_20190107_164819.jpg
焼き餃子専門店。

中華の餃子って、水餃子のイメージが強いので

チョット不思議な感じでしたが、美味しかったです。


⑥フライドチキン
IMG_20190106_202732.jpg IMG_20190106_202742.jpg
IMG_20190109_203629.jpg IMG_20190109_204909.jpg
ペッタンコに幅広いフライドチキンが

台湾での流行りらしく

高雄でも台北でも美味しく頂きました。

ドチラでも長蛇の列で、結構待つコトに。

一体どうやってペラペラにしているのかが気になります。


⑦台湾ビール
IMG_20190108_150838.jpg IMG_20190108_151511.jpg
台湾に行ったら、コレは外せないでしょう。

台北で、工場直結のお店に行ってきました。

1杯60元(約180円)…だったかな。

もちろん美味しく飲みましたよ~。


こうやって振り返ってみると、

結構イロイロ飲んで食べて…ますね笑

台湾に滞在している間は、

アレもまだ食べてないコレも…と思うんですけど、

普段1日1食で生活している人の

食べ物日記には…見えませんね(汗

確かこの後、

体重が軽く2~3kg 増えたような気がします(^^;

で、その数週間後に元に戻るんですけどね…。

こんなの見てたら、また台湾行きたくなってしまう…。

日本に帰国するのですら、

次は 5か月も先だといふのに…(汗

麗しの台湾…。


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ

2019. 02. 18

台湾旅行…回想録①

どーも☆

Noah@オーストラリアです。

数日前にダンナが仕事で出かけて行きました。

去年は、1週間周期で休みと仕事を繰り返していましたが、

今年からは、なんと 2週間周期。

会社側としては、少しでも

作業者の現地への交通費を浮かせたいのでしょうね。

(飛行機移動でバカにならないようです…)

最初、ウチのダンナは前触れもなく、

上から呼び出されたので、

てっきり契約打ち切りの話かなと思っていたそう。

(↑やめるのもアリかも。と思っていたらしい…笑)

実際は、周期を2週間にしようと思うんだけど、どう思う?

という打診でした。

ウチのダンナがわたしに話を持ってきた時には、

メリット・デメリットを見極めて

デメリットが大き過ぎれれば、やめようと思うけど

どう思う?

と、振られたワケですが、

ウチのダンナの仕事である Geologist(地質学者)は

資源開発地に行くという過程を

どの案件でも基本避けては通れず、

全くの異業種に転職する気がないのであれば、

2週間周期でイイんじゃない?

結婚したての頃なんか、3週間周期で

日本とオーストラリアを行き来してたんだから

それに比べれば、今なんて、2人とも

同じ国に、しかも同じQLD州にいてるんだし、

何とかなるっしょ。

それに、世の中に一体どれだけの人が通常運転で

2週間の休暇を取れると思う?

たぶん日本じゃほぼ皆無だと思うよ。

と返したトコロ、あっさり受け入れました(笑

もちろん。

ぶうぶう文句を言いつつも…ですが(^^;

わたしも仕事をしている時はそんな感じだったので、

優しく対応しております(笑

さてさて、前置きが少し長くなりましたが。

先月行ってきました台湾旅行ですっ。

よくよく考えてみれば、

そう…まだひと月チョットしか経ってないんですよね。

行く当初、父はまだ入院中で

あんまりテンション上がらなかったんですけれど、

気分転換にもなったし、行って本当にヨカッタです♪

今回の台湾旅行での一番の押しは…臭豆腐!!(笑

毎度台湾へ行くと食い倒れの旅になるのですが、

前回の高雄旅行で、

すっかり臭豆腐のトリコになってしまった

ダンナとわたしは

毎晩行く先々で臭豆腐を頂いておりました(笑

初めて台湾へ旅行に行った時は

コレは一体何の匂いだ…!!と眉をひそめて、

夜市を通過していたのに、

今じゃあ好んで食べているんだから

嗜好ってワカラナイものです…(^^;

高雄では

①江豪記臭豆腐王
IMG_20190105_210400.jpg IMG_20190105_210500.jpg

②瑞豐夜市
IMG_20190106_194939.jpg IMG_20190106_200120.jpg

台北では

③寧夏路夜市
IMG_20190107_210913.jpg

④饒河街観光夜市
IMG_20190108_222052.jpg IMG_20190108_222348.jpg

⑤士林夜市
IMG_20190109_215554.jpg IMG_20190109_215602.jpg IMG_20190109_220015.jpg

で頂きました。

どれも美味しく頂いたのですが、

やっぱり①江豪記臭豆腐王が一番かなあ。

専門店とあって、種類もありましたしね~。

次の押しは…麺!!

高雄では

①港園牛肉麺
IMG_20190105_165538.jpg IMG_20190105_163252.jpg IMG_20190105_163245.jpg

②老店麺(六合夜市)
IMG_20190106_223347.jpg

台北では

③富宏牛肉麺
IMG_20190107_193838.jpg IMG_20190107_194422.jpg IMG_20190107_195037.jpg

④林東芳牛肉麺
IMG_20190108_165741.jpg IMG_20190108_165838.jpg
IMG_20190108_170038.jpg IMG_20190108_170540.jpg

⑤大狗麺線
IMG_20190109_171734.jpg IMG_20190109_171722.jpg

を満喫しました。

一番は…④林東芳牛肉麺かなあ。

やっぱりクオリティが高いです。

昔はお店の中もこんなキレイではなくて

ごちゃごちゃした感じだったんですけど、

有名になってリニューアルしはったんでしょうね。

それに伴ってか

お値段も他のお店に比べると、倍くらい差があるし

ダンナがお気に入りの半筋半肉麺は

260元(≒約910円)と日本の高級ラーメン並みのお値段です。

でも、日本やオーストラリアでは

絶対にお目にかかれないので、おススメです☆

そして…まだまだ終わりません。

長くなりそうなので、次回に続きます(笑

あれよあれよと、

おススメしたい食べ物が沸いてくる…(^^;


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ

2017. 11. 29

高雄バンザイ。

どーも☆

台湾より無事に戻ってきて

ようやく。

日本での日常に馴染んで参りました。

と言っても

ただ今、職ナシなので

ゆる~く家のお片づけ&家事を

こなしております。

ホントは、ゆる~くではなく

サクサク進めて、

時間を有効活用したいんですけど

わたしもダンナも寒さに

すっかりやる気を削がれてしまって(汗

とりあえず。

少しずつでも進めれば、とりあえずヨシとしよう。

(↑言い訳…汗)

といふ感じで日々を過ごしております。

そろそろ。

チョット気合入れないとなあ…(^^;

さてさて。

今回のお題は

先月より旅していた台湾・高雄です。

10月終わりに、4日間ほど滞在したのですが

暖かった…いえ、暑かったですっ。

でも、

じめっとした感じはなく

さらっとした暑さというのでしょうか。

夏の終わり…?みたいな感じで

程よい暑さで過ごしやすかったです。

幸いにもお天気に恵まれ

高雄にいてる間は雨知らずで

ホントよかったです。

そのイイ天気の中で

わたしとダンナが高雄&台南でヤったコトを

以下、ざっと記してみました。

■見たモノ
・美麗島駅のステンドグラス
・コストコ
・スーパー
・龍虎塔
・壽山忠烈祠LOVE觀景台
・愛河


■食べたモノ
○高雄
・ローカルに人気のお弁当
・六合夜市 → エビとカニの揚げ物
・六合夜市 → 胡椒餅
・六合夜市 → 水餃子、酸辣湯
・六合夜市 → ラーメン?
・六合夜市 → もち米で包んだホットドッグ
・六合夜市 → カスタードアップル
・六合夜市 → 汁なし麺
・六合夜市 → 魚丸湯
・六合夜市 → フライドチキン
・六合夜市 → 串いろいろ
・港園牛肉麺 → 牛肉麺、汁なし牛肉麺、漬物
・瑞豊夜市 → 小龍包、蒸し餃子、臭豆腐
・瑞豊夜市 → スイカジュース
・丹丹漢堡 → チキンバーガー、カツ?バーガー、麺線羹 (素麺)
・高雄婆婆冰 → マンゴーカキ氷、スライストマト(生姜と甘めのタレ)、八宝冰
・老江紅茶牛奶 → ミルクティ
・左営駅のコンビニ → プリン、黒胡麻プリン

○台南(台湾鉄道にて1日旅行)
・文章牛肉湯 → 総合牛肉湯、モツと肉の野菜炒め、魯肉飯
・藤喜家 → 明太子味ソフト、バニラ味とチョコ味のソフト
・珈琲麺包 → 珈琲パン
・花園夜市 → 葱餅(ネギクレープ?)
・花園夜市 → フライドチキン

……。

字面で見るとよく判りますが

ホント食べてばっかですねえ…汗

初めての高雄での観光&飲食は

ドレもヨカッタのですが、

敢えて、ベスト5をつけるのであれば…


■第5位:花園夜市 → 葱餅(ネギクレープ?)

台北では食べていなかったクレープみたいな

↓生地のパン…みたいな感じです。
IMG_20171026_180852.jpg IMG_20171026_180858.jpg IMG_20171026_181600.jpg
外はサクサク、中はしっとりで美味しかったです♪

日本の屋台で売れば、

絶対当たると思いまふ☆


■第4位:六合夜市 → カスタードアップル

最初に目にしたのは台湾ではなく

ダンナの国であるオーストラリア。

見た感じあんまり美味しくなさそう…(笑)というのが

第一印象だったのですが、食べてみて、

↓濃厚なクリームみたいな口どけと甘さに
IMG_20171025_201513.jpg IMG_20171025_201546.jpg IMG_20171025_202532.jpg
すっかりハマりました~。

台湾ではお釈迦さまの頭に見えるコトから

釈迦頭と名札がついてました。

台北の夜市に比べると、南だからでしょうか

見かける数も多く、

お値段も20~30元くらいお安かったです。


■第3位:六合夜市 → 汁なし麺

六合夜市に少し慣れてきた頃に

なんでもイイから麺が食べたいなあ…と思って

↓たまたま入ったお店の看板メニューだったのですが
IMG_20171026_221251.jpg IMG_20171026_221041.jpg IMG_20171026_222744.jpg
あまりの美味しさに

最初2人で分けようと言っていたダンナが

1人ひと椀にしようっ。

と言って、

結局1人でひとつ片付けてしまいました(^^;

お店の名前は老店麺。

台北にあるのかは…どうなんでしょうね?


■第2位:高雄婆婆冰 → マンゴーカキ氷、スライストマト(生姜と甘めのタレ)、八宝冰

台湾と言えば、マンゴーカキ氷!

と思ってらっしゃる方も多いと思います。

わたしもそう思って過去に

台北にある思慕昔で食べて、感動した記憶は鮮明です。

↓今回頂いたマンゴーカキ氷…、
IMG_20171028_152205.jpg IMG_20171028_152220.jpg
ソレ以上でしたっ。

↓ダンナお気に入りの八宝冰も
IMG_20171028_152211.jpg
今まで食べた中で、1番美味しいっ。

とのコト。

しかもっ。

物価の違いでしょうか、台北と比べて

100元くらい安かった気がします。

あと、トマトのスライスを地元のお客さんが

食べているのを見て、チャレンジしてみるコトに。

↓トマトスライスの横に添えられているこのタレ。
IMG_20171028_152242.jpg
甘くて、生姜の味がして、

スライストマトと、よく合っていました~。

マタ食べたい…。


■第1位:港園牛肉麺 → 牛肉麺、汁なし牛肉麺、漬物

あんまり日本では馴染みのナイ牛肉麺…。

台湾で、すっかりハマって

おそらく、今回の旅で、

色んなお店の牛肉麺を食べたと思います。

台北で初めて食べた時も思いましたが

味の濃いラーメンとはマタ違って

優しいお味&お肉の大きさがケチくさくナイっ。

その中でもココ高雄で頂いた港園牛肉麺は

↓最高っ。
IMG_20171027_141447.jpg IMG_20171027_141629.jpg
IMG_20171027_141528.jpg IMG_20171027_140723.jpg
でした…ホントに。

ダンナが普通の牛肉麺、わたしが汁なし牛肉麺を

注文し、半分ずつ頂いたのですが、

ドチラもすごく美味しかったです。

なーんて、こうやって書いていたら

また高雄へ行きたくなっちゃいました(えへへ

こんな感じで。

ステキなコトがマンサイの高雄なのですが、

台北よりも高雄への便が少ないからか

当然パックツアーも少ないのが

チョット…ですかね(^^;

旅検索サイトのトラベルコで探してみると

現時点で出発を1月未定にして

台北3泊4日での検索結果が4000件オーバーに対して

高雄3泊4日での検索結果が200件弱…です(汗

でも。

物価が台北よりもお安いので、

航空券+ホテルで探しても

まずまずお手頃価格で出てますし、

空港から中心街へもKMRTでサクっと出れますので

観光もしやすいと思います☆

ぜひぜひ、皆さま、高雄へ♪


以下、ポチっとして下さると励みになりますっ。
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ 人気ブログランキングへ

 | ホーム |  »

☆Cookie電卓☆

Android対応の電卓を作ってみました♪
試して頂けると嬉しいです☆
スマホサイズなので、タブレットサイズだと画面は少し小さいかも…。
 

☆注意書き☆

最近記事とは全然関係のナイ書き込みを頂くコトがあるのですが、わたしの記事と関連のナイ内容にはお答えするコトはできません。
又、誹謗中傷など誰かを傷つける可能性があると管理者であるわたしが判断した場合は削除いたします。
申し訳ありませんが、ご理解頂きますようよろしくお願いいたします。
 

2019年をどう生きる?

去年はダンナがオーストラリアに戻って現場復帰し、わたしが表向き働かないという夫婦逆転の1年となりました。
オーストラリアは旅行としての一時滞在は何度も経験してますが、長期滞在という形は初めてで、とても新鮮でした。
ダンナと話し合いつつ、わたしがオーストラリアでも何となくやっていけそうな感じなので、永住の話もチラホラ。
これは…英語を本気で勉強しなおさなくては…汗。
と思った矢先、父のガンが発覚し、日本にも時折は戻れるような形も視野に入れなくては…とも。
いっそ、2人が大好きな台湾に移住しちゃう?大阪も近いし笑。
相変わらず、方向性は色んなトコロへ揺らいでますが(汗、限りある今を大切にしたいなと思っています。
引き続き。
日本とオーストラリア、二つの国に挟まれて、イイトコ取りを目指しますっ。
あ、あと台湾も込みで(笑)
ま、こんな感じで今年もイロイロありますが(爆)、引き続きお付き合い頂けると嬉しいです☆
 

検索フォーム

 

最新記事

 

最新コメント

 

参加中です♪